プロフィール

  • 田島校長
  • 横浜翠陵中学校・高等学校
    校長 田島久美子

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

SGP学年末発表会

2018/03/19(月)

 去る3月17日に「SGP学年末発表会」を実施しました。

  翠陵グローバルプロジェクト(SGP)は、グローバルな視点で世界に関心を持ち、「どんなものがあれば、世界はハッピーになれるか?」を3年間のテーマにした課題解決型学習です。

 1年生の課題は「世界にはどんなものがあるかな?」。世界にあるGoodな製品や制度、サービスなどを輸入して日本を幸せにすることです。この1年間、ICT機器を利用した情報収集の方法、KP法をはじめとするプレゼンテーションの方法などを学び、JICA地球ひろばの見学などで視野も広げました。今日は各自の担当国についてのポスターセッションです。皆緊張気味ではありましたが、iPadに整理した資料とポスターを使っての発表は自信に満ち、来場者からの様々な質問に対する堂々とした応答ぶりは本当に頼もしく見えました。

A

B

 2年生の課題は「何を売ろうかな?」。1年前の発表を自信にして、更に多くの学習を重ね多くの知識を獲得しました。ユニセフハウス見学などの体験で視野も広がり、各自の考えや思いは拡大しました。今日のプログラムは、体育館でのディベートとSDGsやMono-Marketingの発表。 Raise your Voice! “ものを売る”ために必要な、一人ひとりの「声」を本気で伝えるということがテーマです。ステージ上で奮闘する一人ひとりに、スポットライトが当たってるように輝いて見えたのは私だけではないと思います。

C

D

 生徒達の発表はそれぞれ素晴らしいものでした。でもまだ完成形でもありません。生徒の成長のために教師が後押しすべきことはまだたくさんあります。未来に生きるための力の土台づくりとして今後もSGPに積極的に取り組んで欲しいと思います。1年後の発表が今から楽しみです。

2018/03/19 | 個別ページ

3月1日 高校卒業式【校長式辞より】

2018/03/03(土)

 卒業式当日の3月1日は、日本列島が春の嵐に見舞われた日です。

 「風は吹けども山は動ぜず」。 周囲の騒ぎの中でも少しも動じず、悠然とした将来への幕開けの日となりました。

 今年の卒業生は230名。中学からの入学者は共学2期生、高校からの入学者は共学5期生です。先生方と力を合わせ、共学前の翠陵の歴史の先に新たな歴史を築いてくれた、頼もしき翠陵第30期の卒業生です。

 式辞では、「環境」の大切さと、本校のモットー“Think & Challenge!”を忘れずに自分らしく生きて欲しいと話しました。

 ☆   ☆   ☆

  翠陵の大自然。春爛漫の校門からの桜並木。初夏の爽やかでフレッシュな新緑。強い太陽の日差しと深い緑に包まれる夏の息吹。虫の音とともに訪れる赤や黄色の鮮やかな秋の紅葉。あたり一帯が静まり返る冬の雪景色。どの季節も見事です。大自然の懐で、皆さんは心も体も大きく伸び伸び成長しました。この自然環境は、翠陵が持つ大きな財産、皆さんに与えられた環境です。

 翠陵の人々。3年間で築いた仲間との友情、後輩との絆。近くで見守り続けた先生方。そして、いつも変わることのない深い愛情で皆さんを守り続けてくださったご家族。たくさんの翠陵の人々です。人は人の中で育ちます。自分の身近にいる人の影響は大きなものです。3年間で築いた翠陵の人々との繋がりは、皆さん自身が創った環境です。

  環境は人を育てます。同じ人でも環境が変われば違う成長があるでしょう。翠陵に来て与えられた自然という環境。3年間で自分で創った、人との繋がりという環境。これらの環境のお蔭で3年前とは違う自分が今ここにいるわけです。これから飛び込む新しい世界でも、どのような環境を選び、どのような環境を創るのか、是非見極めて欲しいと思います。

  翠陵の卒業生として忘れずにいてほしい言葉は、翠陵のモットー“Think & Challenge!”です。いつ如何なる時も常に自分自身で考えて判断し、積極的に挑戦する翠陵の教員・生徒全員の行動指針です。

  “考える”とはどんなことなのか? 例えば試験問題の答えを考えるとき、頭の中はどうなっていますか? 先ずは、答えを捜すために自分の持っている知識を総動員です。知識が不足していると答えに辿り着くことはできず、授業を聴いかなかった、復習しなかったと反省します。つまり、“考える”ときに必要なものは知識なのです。試験問題の答えを考えるときだけでなく、自分の人生、友達とのより良い関係、社会問題など、“考える”時にいつも必要です。知識なくして“考えるちから”は備わることはなく、知識を吸収する意欲がなくなったら考えることをやめてしまうことだとも思います。また、年齢を重ねると考えが深まるのは間違いなく知識量が増えているからです。高1の頃と卒業を迎える今の自分の、考えに差があるのは知識の差です。

  また“考え”は頭の中に留めておくだけではいけません。自分の言葉で外に発信することで更に深まるからです。解答用紙に答えを書く、悩みを誰かに相談する、考えを発表する などが外への発信です。答案がチェックされたり、相談や発表に対する答えが返ってくることで、考えは修正されより確かなものになります。

 まず知識を得て、それを総動員して考えをまとめ、自分の言葉で発信し、反応をえる。これを繰り返すことが“考える”ということなのです。そして、人間の持つ“考えるちから”は他の生物が持たない最も優れたものとも言えます。

  “挑戦する”ことから得られるものは、達成感と自己肯定感です。挑戦には勇気が必要ですが、在学中、皆と一緒だからできたこと、先生方に少しだけ背中を押されてできたこと。いつも勇気をふり絞り、多くのことに挑戦してきました。結果が成功でも失敗でも、挑戦の後に残るものは、挑戦前とは違う自分と次の挑戦への自信です。一歩先の自分を見据えて、“挑戦するこころ”をいつまでも持ち続けてください。

  翠陵での3年間、6年間は人生の土台作りでした。今日の卒業で完結ではなく、これから続く長い人生という物語の序章です。21世紀を生きて22世紀を創る皆さん。20年後、どのような活躍をしているのでしょう?楽しみです。50年後、60年後、どのように人生を振り返っているのでしょう? “Think&Challenge!”の精神を忘れることなく「考えることのできる人」を目指して、自分らしく自分だけの人生を歩んでください。

 最後になりますが、短い詩を紹介します。「心に太陽を持て」というタイトルで、ドイツのフライシュレンという詩人の作品を「路傍の石」の山本有三が訳したものです。小学生の時にこの詩に出会って以来の私の座右の銘です。

  心に太陽を持て。 

  あらしが ふこうと、 

  ふぶきが こようと、 

  天には黒くも、

  地には争いが絶えなかろうと、 

  いつも心に太陽を持て。

 

  くちびるに歌を持て、

  軽く、ほがらかに。

  自分のつとめ、

  自分のくらしに、

  よしや苦労が絶えなかろうと、

  いつも、くちびるに歌を持て。

  

      苦しんでいる人、

  なやんでいる人には、

  こうはげましてやろう。

  「勇気を失うな。

  くちびるに歌を持て。

  心に太陽を持て。」         

卒業おめでとう!!

Photo

2018/03/03 その他 | 個別ページ

中学受験生の皆さんへ

2018/01/29(月)

 「冬来りなば春遠からじ」 If Winter comes, can Spring be far behind ?

原典はイギリスの詩人シェリーの詩の一節で、「冬が来たということは、春はもうそこまで来ている証拠だ。」と解釈されています。翠陵でも、毎日気温が低く本格的な冬の到来を実感しますが、目線を上げると視界に飛び込む桜の木は、目前まで迫った開花のときを想像させてくれて暖かい気持ちになります。

 

 桜の花芽は夏に形成され秋には休眠に入ります。そして最も厳しい冬の寒さを迎えると休眠から覚め、そこから開花に向けてのラストスパート、そしていよいよ満開の桜並木のお出ましです。桜の木が、開花という一大イベントに向けて長い時間をかけて「準備」すること、またそれには厳しい寒さという「試練」が不可欠であることは、まるで受験生の生活のようです。「サクラサク」という合格電報はこのことからはじまったのでしょうか? 皆さんの受験の「準備」はもう十分できたはずです。今は受験前の不安という「試練」と向かい合っているのでしょう。さあ、ここからは開花に向かってラストスパート、全力を尽くすだけです。

 

 校訓「考えることのできる人」、モットー「Think&Challenge!」のもと、翠陵での学校生活を満開の桜に囲まれて一緒にスタートしましょう。「考える」とは、知識を総動員して自分としての答えを創ること。「挑戦」とは、多くの体験を通じて自信を深め自己肯定感を高めることです。「考えるちから、挑戦するこころ」を翠陵で一緒に育てましょう。

 

 全校生徒及び教職員一同、受験生の皆さんのご健闘を心よりお祈りいたします。

2018/01/29 | 個別ページ

【12月11日全校集会】考えるちから

2017/12/11(月)

 本日の全校集会で、新聞記事 ~「大学新入試 知識の質重視」(12月5日(火) 東京新聞)~ をもとに生徒達にこんな話をしました。

2020年度から実施される、現行のセンター試験の後継の「大学入学共通テスト」の試行調査の問題と結果の一部が公表されました。国語と数学ⅠAで導入が決定した記述式問題も含まれ、全体の出題意図は、①「思考力・判断力・表現力」を発揮できるか、②多様な資料に対して知識を活用できるか、とのことです。2020年実施の入試なので高1から高3までの皆さんには直接関係ないのですが、他人事ではありません。

大学入試改革を始めとした一連の教育改革の背景には、今後予想される世の中の急速な変化があります。第4次産業革命と呼ばれるテクノロジーの発達がその一つです。人間の仕事の一部を機械が担うことになり、今の仕事の半数はなくなると言われ、人間の役割は別のものになります。もう一つはグローバル化の進行で、誰もが多様な価値観の中で生きることになります。そのような状況では、今まで正解だったことがそうではなくなり、新たな答えを自分の力で探さなければならなくなります。つまり「思考力・判断力・表現力」、「知識を活用する力」が必要になるのです。

およそ20年後、世の中は大きく変化している筈です。皆さんは、社会的にも個人的にもきっと大活躍中している頃でしょう。その際に必要な力の土台を今から築いておかねばなりません。20世紀は、知識豊富で指示に従える人が世の中をリードしました。21世紀を生き22世紀を創る皆さんの時代では、自分の力で「考え」仲間と協力して答えを出せる人が世の中をリードすることになるでしょう。

 翠陵の校訓は「考えることのできる人」です。「考える」とは、知識を総動員して自分の答えをつくる作業です。また、目の前の課題について「考える」ときは、一つひとつの問いに対する自分の答えを積み重ねる作業になります。そして「考える」過程で他に発信し助言を得ることで「考え」は更に深まります。

「考える」とは何なのか問い続け、「考えるちから」をしっかり身につけていきましょう。

2017/12/11 全校集会 | 個別ページ

カラフル

2017/11/13(月)

校内で発見したいくつかの「カラフル」についてご紹介します。

 

 広い翠陵の敷地に点在するたくさんの花壇に、「ビオラ」を中心としたカラフルな花々が私たちの目を楽しませてくれています。先月中旬に、保護者会(翠陵会)による秋の植栽活動で植えていただいたものです。パンジーの一種ビオラ。パンジーの名は「考え」を意味するフランス語「pensee(パンセ)」に由来するという、本校にぴったりの花です。雪が積もっても咲き続ける逞しいビオラ。厳しい冬を越え春になるまで、生徒達の毎日をカラフルに彩ってくれることと思います。そして一緒にしのばせたチューリップの花にお目にかかれる日も楽しみです。

1

生徒用出入り口のエントランスホールにカラフルなソファーが置かれて早1か月。30年近くそこにあった古いソファーは、生徒達の登下校、休み時間や放課後のひとときをずっと見守ってくれました。刻まれる歴史とともに傷みも目立つようになり、翠陵会のご厚意で一新していただきました。カラフルで個性ある生徒達を再び見守りながら、新たな憩いの場になることと思います。

2

 紅葉の季節です。窓の外の景色は少しずつカラフルに変化し始めました。赤や黄色といってもその色合いは微妙に異なるので常緑樹の緑を交えてカラフルな景色です。日にかざされた深紅のもみじ。直線道路のイチョウ並木。授業中もつい目を奪われ気がつけば板書は次の単元へ…。うっとり眺めていたら指名の声が…。ぼんやりするのは禁物ですが自然は私達の心を奪います。これからますますカラフルになるので授業中の緊張感が大切です。

3

4

2017/11/13 その他 | 個別ページ

10/4 クラス便り・学年便り

2017/10/04(水)

  9月30日は前期終業式。たくさんのクラス便りや学年便りが発行されました。その一部ではありますが、便りの冒頭や項目を紹介します。

 本日をもって前期終了。もう高校生活には慣れたはずです。後期を前に今一度、以下の項目を確認しておこう。①学習習慣に関して(略) ②後期の学校行事(略) ③提出物(略) ④最後に:後期は前期よりもあっという間に終わります。ムダに過ごせる日なんてありませんから。(高1クラス便り)

 前期が終了します。入学式から541日がたち、完全に高校生活が折り返しを過ぎたのです。卒業式まで516日。国公立前期入試まで513日。センター試験まで476日。残りをどう過ごすか。何に向けて力をつけてくのか。それをイメージして着実に行いましょう。…以下略…(高2クラス便り)

 今日で3年生の前期が終わります。突然に30期の学年に来て、久方ぶりの担任を任され、お互い(むしろ君達のほうがたくさん?)不安でスタートしましたが無事に半年を終えることができました。…中略… そして、今日でセンター試験105日前です。ここで今一度、学年目標を。『チーム30 さらなる高みへ~努力のない目標は単なる願い事にすぎない~』…以下略…(高3クラス便り)

 中学校生活もちょうど半分が終了しました。入学時からの成長を振り返り、今後の課題を明確にし、更に充実した後期の学校生活を過ごしてもらいたいと考えています。①SSCJr報告:さすが2回目。成長してる!と感じたキャンプでした。(略) ②学習時間状況:家庭学習時間が大変なことになっています。(略)
③各教科より …以下略…(中2学年便り)

 前期期末試験が終わりました。夏休み中から準備をして、それぞれに目標を達成できたかと思います。できなかったところは成績面談を通じてやるべきことを伝えてあります。…中略… ①海外研修を終えて(略) ②期末試験・個別成績面談(略) ③後期に向けて(略) (中3学年便り)

 全ての便りをご紹介できないのが残念です。どれも担任や学年主任の個性が満ち溢れ、生徒達への思いがぎっしり詰まったものです。4ページにもわたる力強いメッセージ、担任お薦めの参考書の紹介、学習実践状況のチェックBOXの掲載、担任が受講した研修からの引用アドバイスなど、内容は様々です。そして自身の撮影による沢山のスナップ写真も多くの便りに彩りを添えます。
 各便りは保護者の皆様への連絡の役割もありますが、執筆中に教師の脳裏に浮かぶのは生徒達。毎日顔を合わせ多くの会話を交わしてはいますが、文字にしながら生徒達への気持ちを整理し思いを新たにします。デジタルネイティブの生徒達もこのアナログの紙の便りを受け取り心を温めているはずです。肌寒い秋の夕暮れ、先生方の心溢れる便りのおかげで校長室もすっかり温かくなりました。
担任や学年主任の思いを受けて前期末休業中に気持ちをリセットし、新たな気持ちで後期を始動して欲しいと思います。

Photo

2017/10/04 その他 | 個別ページ

2017/9/22 夏を振り返って

2017/09/22(金)

 7月の最後の発信から、校長ブログも随分ご無沙汰してしまいました。朝晩は涼しく虫の声が聞かれるようになった今日この頃ですが、過ぎてしまった夏を振り返ってみます。

 翠陵の夏は毎年「勉強の夏」です。高校3年生は当然のことながら受験勉強に、他学年の生徒達は基礎学力の定着に努力をします。校内では夏季休業中の前半と後半に2タームずつの夏期講習があり、中学生は全員必修、高校生は必修と選択の全73講座から受講し、いつも習っている先生方からの念押しの講義をいただきました。また前半の日程中に高校1・2年特進コースは、SSC(Summer Study Camp)として軽井沢で勉強漬けの3日間を過ごしました。

 英語の「勉強」としては、校内で実施する高校1年生国際コースのSES(Summer English seminar)、軽井沢で実施する中学1・2年生のSSCがありました。少人数グループに分けたネイティブ講師によるそれぞれ3日間の講習で、否応なしに英語を使わなければなりません。私も中学1・2年生の様子を視察に行きましたが、全身に英語のシャワーを浴び、全身を使って英語を表現しようとする生徒達の様子に感動し、語学習得は若いほど良いとの確信を新たにしました。

 海外でも「勉強」しました。高校2年生のイギリスグローバル研修とカナダ英語研修、中学3年生のニュージーランド海外教育研修です。各グループの滞在中は、不安定な国際情勢に巻き込まれはしないかと心配もしましたが、それぞれの地で期待した以上の体験ができたようです。研修を終えて生徒達に残ったものは、異文化体験と英語力の向上は勿論のこと、最大の収穫は2週間の研修をやりきった自分への自信ではないかと思っています。

 また理系プロジェクトの企画の慶應義塾大学、中央大学、北里大学それぞれの研究室訪問へも多くの生徒が参加し、大学の最先端の研究の様子を覗きながら将来の自分の姿をイメージしたことと思います。

 夏季休業前の全校集会で「明日から始まる42日間を“PDCAサイクル”を意識して有意義に過ごしてください」と話しました。先ずは勉強、そして部活にもプライベートにも、計画的Pに実行Dし、検証Cして向上Aし続け、実りある夏になったことを夏季休業後の生徒達の顔つきから感じます。

 実は、この夏は先生方にとっても「勉強の夏」でした。外部での研修や校内での合同研修など様々なところで研鑽を積み、それぞれがスキルアップされたことをお伝えしておきます。

 最後に、生徒達の夏季休業の様子は「翠陵ブログ」に写真付きで詳しく掲載していますので、是非ご覧ください。

2017/09/22 その他 | 個別ページ

中1校長面接

2017/07/08(土)

 6月中旬より、ようこそ校長室へ~「夢を語ろう」~と題して、中学1年生と面接を行いました。面接は、放課後4人一組で校長室に招き、4つの質問(①将来の夢、②中1の目標、③自己アピール、④翠陵での生活)について一人ずつ答えてもらう形式です。

 

 ①将来の夢については、自信なげな素振りながらも皆目を輝かせて語ります。たくさんの夢を持つ者。一つの夢を情熱的に語る者。まだ模索中だと言いながらも質問を向けると自分の夢を確かめるかのように語る者。自分の未来を語る姿は大変頼もしく魅力的です。私からは「夢は諦めずに努力すれば必ず実現する」。夢の実現は、「諦めなかった」か「諦めてしまった」かの差だけであると励ますと、皆真剣な眼差しで耳を傾け納得します。そして皆の夢の実現を永遠に応援することも約束しました。

 

 ②中1の目標は、夢に繋がる第一歩です。ほぼ全員が学習面の目標を掲げ、「知識・技能」の習得が何においても欠かせないことをわかっている証拠と感心しました。また目標達成のためには、ただ想っているだけではなく具体的対策(作戦)をたてて実行することが必要であることもアドバイスしました。

 

 ③自己アピールでは、生徒一人ひとりの魅力が垣間見え大変興味深く、④翠陵での生活には、皆「楽しい」「慣れた」「先輩や友達がいい」「学食が美味しい」など元気な答えばかりで、学校生活の順調ぶりが伺え安心しました。「好きなことを一つでも多く言える人」は毎日の生活を楽しみ人生を楽しむことができるという私のポリシーも添えておきました。

 

最後には「将来の夢」を紙に書き、私と一緒に一人ずつ記念撮影をしました。

 

 子どもが夢を語ることができる環境があることは幸せの象徴であり、その環境を守るのは大人の責任です。校長面接を終えて改めて心に誓いました。

Photo

2017/07/08 その他 | 個別ページ

6月26日 芸術鑑賞会

2017/06/26(月)

体育祭の翌日、6月21日には芸術鑑賞会を実施しました。

 芸術は古代ギリシャ・ローマ時代から学問と共に進化し、人の心を豊かにしてくれる存在です。翠陵では年に一度の芸術鑑賞会で、芸術を間近に感じ本物に触れる機会としています。3年間で、演劇・音楽・古典の順に実施するうちの、今年は古典の年。「東西寄席」~江戸落語と上方落語の東西対決~を鑑賞しました。

 さて、寄席・落語といったら「笑い」です。笑いは「神様がくれた万能薬」といわれます。

その理由の一つは、笑うことは脳の活性化につながるからです。笑うことで脳の海馬が活性化して容量がアップし記憶力が良くなります。また、笑うことで脳波のα波とβ波が同時に増えることが証明されていて、特にβ波の出現はやる気につながりストレスも緩和されます。

 二つ目には、笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化しヒトの免疫力がアップするという実証データがあります。NK細胞にはウィルスやガン細胞を吹き飛ばす力があり、活性化によって病気を吹き飛ばしてくれます。

 他にも、血行促進、自律神経のバランスが整う、幸福感に満たされるなど、笑うことには異議を唱えるスキもありません。まさに「神様がくれた万能薬」です。

こんな話もあります。笑うときは口角が上がります。何か物を口にくわえると口角があがります。物を口にくわえるだけで、脳は「笑った」と勘違いして勝手に活性化するらしいです。積極的に物をくわえましょう??

 沢山の笑いを楽しんだひとときでした。私も生徒達と一緒に大喜利に出演し、あいうえお作文に挑戦しました。そして最後は真打ち登場。林家木久扇師匠が舞台に姿を現すと、会場のテンションは最高潮となりました。

「笑う門には福来たる」。生徒たちは幸せそうに家路につきました。

 

3

2017/06/26 その他 | 個別ページ

6月26日 体育祭

2017/06/26(月)

今週の行事①(体育祭)

 

 6月20日、梅雨の晴れ間の青空の下で開催された体育祭。翠陵自慢の広大なグラウンドで元気いっぱい駆け回りました。周りには大きな森の深い緑。森の動物たちもこっそり顔を覗かせて応援してくれていた気がします。

 生徒たちの颯爽とした姿をプログラムに沿って写真で綴ります。

 

Photo_211.開会式(選手宣誓)

Photo_222.中学クラス対抗全員+一脚歩行

Photo_233.100m競争(タイムレース)

Photo_244.大福競争

Photo_255.高校4人5脚色別対抗リレー          

Photo_266.中学 台風の目

Photo_277.400mリレー(タイムレース)          

Photo_288.高校 走り綱引き

Photo_299.障害物競走              

Photo_3010.大縄跳び

Photo_3111.部活対抗リレー            

Photo_3212.色別対抗応援合戦

Photo_3313.綱引き                

Photo_3414.高校 騎馬戦

Photo_3515.色別対抗リレー           

Photo_3616.表彰式

 皆すっかり日に焼けて真っ黒です。体育祭実行委員の生徒達の仕事ぶりも立派でした。清々しさと満足感で一杯の一日になりました。

2017/06/26 その他 | 個別ページ