プロフィール

  • 岩村校長
  • 横浜翠陵中学校・高等学校
    校長 岩村基紀(いわむらもとき)

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

 9月26日 亀有「こち亀」探訪記

2016/09/26(月)

 高校2年生が、北海道修学旅行から戻って全学年が揃いました。横浜は先週は雨続きでしたが北海道は連日の晴天だったそうで、充実した農業体験ができたようです。農家の皆さんとの出会いを大切にして、この体験を今後に生かしてくれることを期待します。

 今日の全校集会では、中学硬式テニス部、高校卓球部、高校女子サッカー部の大会入賞の表彰を行って健闘を称えた後、昨日「亀有」に行ってきた話をしました。

            ☆      ☆      ☆

 私は、昨日の日曜日、葛飾区の亀有に行ってきました。ずっと愛読していた週刊少年ジャンプ連載の『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』が、連載40周年・コミック本200巻というギネス記録を達成して、めでたく完結ということになりましたので、このマンガの舞台となった街を歩いてきました。ホームへの階段から壁面まで全て「こち亀」のイラストで埋め尽くされた常磐線亀有駅から外に出ると、駅前の両津勘吉銅像の周りは記念撮影の人垣ができていました。私も両さんと同じポーズで写真を撮ってみました。亀有には「こち亀」関連の銅像が15体もあり、スタンプラリーも行われていましたが、どの像の周りにも笑顔で記念撮影をする老若男女がいっぱいでした。

 荒唐無稽でハチャメチャな話ばかりのような印象の「こち亀」ですが、時代を先取りしたICT機器や科学技術に関する蘊蓄話や、時にはほろりとさせる人情話も散りばめられており、何度読み返しても楽しく幸せな気分にさせてくれます。特に印象に残っているのは59巻「おばけ煙突が消えた日」や71巻「勝鬨橋ひらけ!!」など、勘吉の少年時代のエピソードの数々です。亀有の商店街には「少年両さんの像」もあり、いたずらっぽく笑っている勘吉少年の姿からこれらの話がよみがえりました。ともあれ、40年間一度も休まずに毎週新作を書き続けた原作者秋本治さんに敬意を表すると共に、書棚に並べた200冊を前に、これからも何度も読み返して楽しめることの幸せに改めて感謝した一日でした。

Photo_4

Photo_5

2016/09/26 全校集会 | 個別ページ

 9月23日 翠陵中学の新たな取り組み

2016/09/23(金)

 横浜翠陵では、“Think & Challenge !”をモットーに、生徒も教員も常に新たな教育活動にチャレンジしていますが、今回は9月中に行われた中学の取り組みから紹介します。

 中学1年生は、グローバルチャレンジクラスの1期生として3年間をかけてのSGP(翠陵グローバルプロジェクト)に取り組んでいます。毎週1時間を使って現代世界の諸課題について研究し、世界を幸せにするための解決法をみんなで考え、3年生の最後に全員が発表するという、壮大なプロジェクトです。現在は課題の調べ方や発表方法についての基本を学んでいますが、夏休みの課題として、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの競技について調べてきて、先日、PK法(紙芝居プレゼンテーション法)で全員が発表を行いました。PK法は発表内容を12枚のシートにまとめて、順番に紹介して並べながら時間内で説明していく発表方法で、まとめ方とプレゼンテーションの基本技術を習得することができます。生徒たちは、文字を色分けしたり、イラストをつけたりして工夫をしたシートを用意して発表を行い、教室は大きな拍手に包まれました。

Photo

 中学2年生は、職業体験としてiPhone アプリの作成に挑戦しました。当日は、一人に1台ずつMacノートが貸与され、プログラミングによりiPhone の画面で加算・減算ができるカウンターアプリを作成しました。これにより、これからの時代に必要となるIT技術の基礎を学び「使う側から、作る側へ」の意識を高めることができました。なお、この企画にはライフイズテック株式会社の協力により理系学部の現役大学生も多数参加して、生徒へのアドバイスを担当してくれました。また、最後には一人ひとりの大学生が自分の専攻分野への選択動機や現在取り組んでいる研究内容について説明してくれましたが、生徒たちも目を輝かせて聴き入っていました。

Photo_2

 中学3年生は、先日初めてタブレットを使った数学の授業に取り組みました。夏休み中に整備されたWi-Fi環境を活用して、一人1台ずつのタブレットを手にして、教員から送信された問題を解き、解答を返信すると、生徒の答案が即座に電子黒板からスクリーンに映し出され、教員の解説で全員が解き方のポイントなどを共有することができます。この授業では「ロイロノート」というアプリを使っていましたが、生徒はすぐにその操作方法をマスターして楽しそうに使いこなしていました。タブレット端末の活用については10月から各教科で本格的な活用が始まりますが、今回の授業を見ただけでも、電子黒板との組み合わせで本当に多彩な授業展開が工夫できそうなので、今後の授業展開が楽しみです。

Photo_3

2016/09/23 その他 | 個別ページ

 9月1日 防災の日、避難消火訓練を実施

2016/09/01(木)

 長かった夏休みも終わって、今日から学校再開です。とはいえ、7月も8月も特別講習や校外行事が目白押しの横浜翠陵なので、中学生も高校生も登校した日が多く、実質の夏休み日数は半分程度だったことと思います。

 本日は“防災の日”です。1923年のこの日に相模湾北部を震源とする関東大震災が発生して10万人以上が犠牲になりました。本校ではこの日には毎年、防災訓練を実施しています。今年も消防署からお借りした防災ビデオを各教室で視聴した後に、大震災から身を守るためのシェイクアウト訓練として放送の合図で一斉に机の下に身体を入れる練習を行い、揺れがおさまったとの放送で全生徒が校庭に避難しました。全員点呼の完了が予定時間を大幅にオーバーしてしまいましたので、再度教室に戻して避難訓練のやり直しを行ったところ2度目は見事に予定時間内に全校生徒の避難が完了しました。その後、学年毎に消火器の使用法の説明を受けて代表生徒が消火訓練を行いました。残暑の厳しい日差しの中での訓練でしたが、万一の災害に備えて貴重な体験になったことと思います。

 明日からは、前期の期末試験が始まります。夏休み中の学習の成果をしっかりと示してくれることを期待します。

Photo

2016/09/01 その他 | 個別ページ

 7月28日 中学生の軽井沢合宿(SSC Jr.)

2016/07/28(木)

 本年度から、中学1・2年生は全員が軽井沢で2泊3日の合宿をスタートしましたので、どんな様子なのか途中の一日を視察してきました。Summer Study Camp Junior(SSC Jr.)と名付けたこの合宿には、本校教員の他に16人ものネイティブの英会話講師が同行し、3日間の英会話レッスンを担当するだけでなく、往復のバス車内や、屋外でのスポーツレクリエーションなどにも一緒に参加して英語でのコミュニケーションを行っています。

 研修施設は、高校特進コースが毎年の勉強合宿に使用している施設で、軽井沢でも歴史のある別荘地の中にあり、木立に囲まれた広大な敷地内には宿泊施設や研修室だけでなく文化財に指定されている古民家や美術館などいくつもの建物が点在しています。芝生のグラウンドもあって、私が到着したときには生徒たちは高原の爽やかな空気の中で、バレーボールやフリスビーなどでネイティブ講師と一緒にスポーツを楽しんでいました。

 合宿では、国語と数学の学習時間もありますが、英語のレッスンが最も多く組み込まれています。視察した2日目午後のレッスンは学年別の研修室に分かれ、まずは学年全員でアイスブレーキングの英語ゲームを楽しみ、その後6~7人のグループに分かれてそれぞれにネイティブ講師がついてグループレッスンが始まりました。1年生は翠陵の校内を写した写真を手にして英語で学校の説明をします。2年生は富士山や鎌倉など日本の名所をテーマにして英語で説明します。どちらの学年もネイティブ講師にいろいろな質問をして、最終日には生徒一人ひとりが全員の前に出て、それぞれのテーマと自分たちのグループのネイティブ講師について英語でプレゼンテーションを行うとのことで、生徒たちは本当に真剣に取り組んでいました。プレゼンテーション頑張ってください。“Good luck !”

Photo

Photo_2

2016/07/28 日々雑感 | 個別ページ

 7月20日 明日から夏休み

2016/07/20(水)

 明日からの夏休みに合わせたかのように、中学1年生が廊下の出窓で栽培していたミニヒマワリの花が咲き始めました。今年もまた猛暑の夏になりそうですが、身体にも脳みそにもいい汗をいっぱいかいて、“Think & Challenge !”の熱い夏休みにしてください。

勉強の夏

 翠陵の夏休みは「勉強の夏」です。受験を目前に控えた高校3年生はそれぞれの第一志望校に絶対合格することを目指し、高校1・2年生は将来の進路目標をしっかりと定めて、苦手科目を克服し得意科目にはさらに磨きをかけることができるように、きちんと学習計画を立て、積極的にチャレンジしてください。諦めずに努力すれば夢は絶対に実現します。

 中学生は何よりも基礎基本の学習が大切です。全員参加の講習もありますが、学んだことは家庭学習で何度も繰り返し復習して自分のものにしてください。休み中も規則正しい生活を過ごし、毎日一定の学習時間をきちんと確保することが最大のチャレンジです。

 

読書の夏

 夏休みは、まとまった読書をするのにも絶好のシーズンです。冷房の効いた涼しい部屋もいいですが、窓を開け放して風を感じながら楽しむ読書も最高です。時にはそのまま昼寝して夢の世界で物語の続きを見るのも、この季節ならではのぜいたくな時間の使い方です。

 本校の図書館には、古典から最新のベストセラーまで様々なジャンルの書物があります。生徒のリクエストによる新刊も続々と入っています。夏休みには、一人5冊までの長期貸し出しも行っていますので、この機会に図書館を活用してたくさんの本を読んでください。

 

平和を考える夏

 バングラデシュのテロ、イギリスのEU離脱、南シナ海の国際仲裁裁判、トルコのクーデター未遂事件など、この数ヶ月間だけでも世界各地で大きな出来事が続きました。これからも、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックやアメリカの大統領選挙など注目すべきニュースが続きます。世界の動きにも関心を寄せて、グローバルな視野を広げてください。

 夏はまた、平和を考える良い機会です。8月には戦争や平和に関するテレビ番組や新聞記事が数多く報道されます。戦争を実際に経験した世代は少なくなりましたが、戦争の悲惨さは様々なメディアを通して追体験することができます。現在でも、世界各地で武力紛争が続き、多くの人々が難民として故郷を離れて厳しい生活を強いられています。戦争や暴力のない平和な世界を実現するために“Think & Challenge !”を続けることが私たちの使命です。

 国内でも、東日本大震災や熊本地震の被災地ではまだ多くの人々が避難生活を続けています。それぞれができる範囲での支援を続けるとともに、明日の世界をより良い世界にするために「考えることのできる人(本校の校訓)」になってくれることを期待します。

 熱中症や食中毒などにも注意して、健康で有意義な夏休みを過ごしてください。

1

2

2016/07/20 日々雑感 | 個別ページ

 7月13日 野球部健闘、応援に感謝します

2016/07/13(水)

 本日、大和スタジアムで行われた「第98回全国高校野球選手権神奈川大会」に本校硬式野球部が出場しましたので、応援に行ってきました。1回戦は逗子開成高校との私学同士の対戦となりました。本校は先発投手が好調で終始素晴らしいピッチングを展開し、打線も7安打と頑張りましたが、守備の乱れから相手チームに思わぬ得点を与えてしまい、残念ながら5対2で敗れ、2回戦進出はなりませんでした。

 時折、小雨が降るあいにくの天候でしたが、生徒会役員と吹奏楽部で組織された応援団に、授業を終えて駆けつけてきた生徒たちも途中から加わって懸命の声援を送りました。野球部保護者会や翠陵会おやじの会の皆さまもスクールカラーの緑のメガホンを手に、吹奏楽部の演奏に合わせて生徒と一体になって最後まで大声援を送ってくださいました。

 雨の中、応援していただいた保護者の皆さま及び生徒諸君に心から感謝します。

Photo_2

Photo_3

2016/07/13 日々雑感 | 個別ページ

 7月10日 夏の高校野球開会式

2016/07/10(日)

 本日は、横浜スタジアムで開催された「第98回全国高校野球選手権神奈川大会」の開会式に行ってきました。

 選手入場は正午からスタートしましたが、全188チーム(192校)が入場し終えるのには50分もかかりました。 梅雨の晴れ間から太陽がギラギラと輝いて猛烈な暑さになり、観客席では帽子やタオルで日差しを防いでも全身汗だくになりましたが、蒸し暑いグラウンドに1時間以上にわたって整列したままの選手たちは本当に大変だったことと思います。

 横浜翠陵は118番目の入場でしたが、ライト側から入場した選手は全員がしっかりと腕を振り、足を上げて、居並ぶ審判員の前を通り、ホームベース前を通過するときにはプラカードを観客席に向けて足並みを揃え、堂々と立派な行進を見せてくれました。観客席からは大きな拍手が送られ、私も嬉しく思いました。

 本校チームの初戦は、7月13日、大和スタジアムの第2試合(13:30~)の予定です。生徒会役員と吹奏楽部員が応援に参加しますが、卒業生や保護者の皆様の応援もよろしくお願いいたします。

Photo

Photo_2

2016/07/10 日々雑感 | 個別ページ

 7月 5日 三度目の正直“体育祭”開催

2016/07/05(火)

 雨で2回も延期になった体育祭でしたが、本日ようやく開催することができました。

 昨日までの炎天下の真夏日から一変して、曇り空で校庭全体が天然のクーラーに包まれたような涼風が吹く絶好のコンディションになりました。昨日の激しい雷雨の影響で朝からグラウンド整備をやり直したため、1時間遅れのスタートになり残念ながら大綱引きと部活動対抗リレーはカットになりましたが、他の競技では赤・白・青の3つの組による力のこもった熱戦が展開されました。

 今年は総合優勝チームに授与する“優勝旗”を新調しましたが、最初にこの優勝旗を手にする栄誉に輝いたのは白組でした。なお、応援賞は青組応援団が獲得しました。

 時折ミストシャワーのような霧雨も舞う天候で、私もピストルの雷管が湿るのを心配しながらスターターを務めましたが、大勢の保護者の皆様が最後まで応援してくださり、閉会式まで大いに盛り上がった体育祭でした。何度も準備をしてくれた実行委員の生徒たちの労をねぎらうと共に、ご来校いただいた保護者の皆様には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

Photo

Photo_2

2016/07/05 日々雑感 | 個別ページ

 6月21日 中学1年生、校長面接スタート

2016/06/21(火)

 今年も中学1年生との校長面接を始めました。

 この面接は、生徒一人ひとりを放課後に校長室に招いて「今年の目標」と「将来の夢」を語ってもらい、目標の達成と夢の実現に向けて私から応援と激励の言葉かけをしているもので、7月中旬までに中学1年の全生徒と面接する予定です。

 中学1年の生徒たちは、本当にさまざまな夢を抱いています。政治家、医師、裁判官、科学者、プロテニス選手、映画監督、アイドル歌手・・・どんなに実現が困難に思われる夢でも、諦めずに努力し続ければ必ず実現できると思います。先日、日米通算4257安打を記録してピート・ローズ選手の大リーグ記録を抜いたマーリンズのイチロー選手が、試合後のインタビューで、次の目標について聞かれたときに、「僕は子どものころから人に笑われてきた。アメリカに行くときも、大リーグで首位打者になってみたいと言って、そのときも笑われた。でもそれも2回達成した。常に人に笑われてきた歴史、悔しい歴史が僕の中にあって、これからもそれをクリアしていきたい」と、更なる記録達成への意欲を語っていました。生徒たちにも、大きな夢を絶対に諦めずに最後まで努力して、それぞれの夢を実現させてくれることを期待します。

 将来の夢について語り合った後、一人ひとりの夢を大きく書いた紙を手に、校長室のソファーで私と生徒のツーショット写真撮影をしています。海外姉妹校・友好校からプレゼントされたマスコットたちと一緒に写っているこの写真は7月の三者面談で担任から手渡してもらいますが、これは私にとっても大切な宝物です。

Photo

Photo_2

2016/06/21 日々雑感 | 個別ページ

 6月17日 紫陽花と向日葵

2016/06/17(金)

 本格的な梅雨に入り、紫陽花(あじさい)が美しい季節になりました。本校では紫陽花はあまり多くはありませんが、よく探してみると校舎の陰やグラウンド脇の斜面などでひっそりと咲いているのを見つけることができます。職員室前のベランダ花壇にも一株の紫陽花があって、薄いピンクから濃い赤紫への花色の変化を、楽しませてくれています。

 最近、中学1年生の廊下の出窓にミニ向日葵(ひまわり)の鉢が並びました。技術科の生育実習の教材として一人一鉢ずつ育てているのだそうです。まだ。本葉が出はじめたばかりですが、生徒が毎日水やりをしていますので、やがて40cmくらいまで成長して、梅雨が終わる頃には黄色い花をたくさん咲かせてくれることでしょう。

 雨に濡れた紫陽花の七変化を愛でながら、小さな向日葵の向こうにギラギラと輝く真夏の太陽を予感してなぜか身構えてしまう日々です。

Photo

Photo_2

2016/06/17 日々雑感 | 個別ページ